たったこれだけ!生姜のポカポカ成分を100倍にする方法

  • 2021-11-21
  • 2021-11-21
  • 野菜
  • view

妹の嫁ぎ先では、野菜を作っています。今週何も連絡がないまま、突如送られてきたお米と幾つかの野菜🥬。有難い限り…。

その中に、とんでもなく立派な生姜が入っていました。

生姜の大きさ比較

デカイ。

さあどうしようか。せっかく摂取するなら巡りをサポートしてくれる物質をパワーアップさせたい。

そう、薬味や調理にちょっと使うより、簡単なひと手間でポカポカ物質を100倍にパワーアップさせることが出来るそうなんです。

辛み成分の「ジンゲロール」は、加熱したり乾燥させたりすることで、ぽかぽか成分である「ショウガオール」に変身するのだとか。それをテレビで女医さんが実際にやって見せてくれていたので、よく真似て実践しています。たった2段階でできます。早速ご紹介してみましょう。

皮つき生姜を適当にスライスし、オーブンで火を入れるだけ。ジンゲロールは皮の下にある物質なので、良く洗ってそのまま切るのが正解です。

鉄板に生姜を並べたら、100度で60分加熱します。

オーブンのタイマー

60分後はこのようになります。ちょっと水分が飛んだ程度でしょうか。

60分加熱したあとの生姜

以上です✨✨

まだ水分が残ってしっとりしているので、加工するなりさらに天日干しするなり、お好みの手段でお早めに保存してください。なお冷蔵庫で保管したり冷たいものと一緒に摂取するのは、せっかく増やしたショウガオールパワーが減ってしまうのだそう。そのため冷やさず保管する方法が◎かと思われます。

私はまず、はちみつ漬けを。以前も作って使い勝手が良かったです。

友人に頂いたアリスの瓶に、粗熱を取った生姜を好みの量詰めます。

次に好きなはちみつを瓶一杯に注いで、1週間くらい寝かせます。

仕上がりは生姜から水分が抜け、はちみつが水のようにサラサラした感じになります。出来た「生姜シロップ」は、砂糖代わりに紅茶やコーヒーなどに利用。風味ははちみつから大して変わりませんでした。

また、漬けた生姜も1枚カップにポイっと入れて、最後にカリカリ食べちゃったり。結構辛いです。もっと長い間漬けていれば、甘くなるのでしょうか(‘ω’)

そのほか、市販されている瓶詰の「刻み生姜」を自作しようかとも思っています。美味しく出来るかな…。

体を冷やしたくないのは冬だけではないけれど、寒い時期目前だから、良かったら是非お試しくださいね😊



最新情報をチェックしよう!
    >

    大人になった三姉妹長女が
    親御の事を考えるあれやこれ。

    error: Content is protected !!