たった1か月ほどしか食べられない美味しさ「生落花生」を茹でた

8月後半から10月前半くらいしか出回らない、「生落花生」。収穫後鮮度が落ちやすいため、畑から引っこ抜いてから手元に来て茹でるまで、とにかくスピードが求められる。その分旬そのままの美味しさや旨味は、なかなか格別なのだ。

2年ほど前に宅配の生協で扱っているのを見て、野菜ソムリエとしての興味本位から試してみたら、その自然なナッツ独特の味わいや食感に驚いた。また茹でたてのホクっとした食感も、独特で良い。

実家の母が落花生好きなのだが、生落花生を食べているのを見たことが無い。

生落花生の袋

そのため今度この時期が来たら、茹でて送ろうと思っていた。今回は2袋準備。金曜日に納品されたため、今日茹でることにした。

テクニック要らず 生落花生の茹で方

生落花生を茹で始める

生落花生はざっと洗い、殻付きのまま水から茹で始める。時間は「沸騰してから30~40分間」と長いので、多少深めの鍋にたっぷりの水で始めたほうがいいだろう。

また塩は入れても入れなくても構わない。入れる場合は2つまみ程度。特に落花生に塩味が付くほどではないと思う。ただ野菜ソムリエとしてのアドバイスは、塩を入れると湯の温度が若干上がるので、弱火でもより一層熱い温度で茹でることができる。かつガス代の節約にもなる。

沸騰するまでは強火で、
ガスコンロの強火

沸騰したら弱火でOK。これで十分鍋の中の湯の温度をキープできる…と、有名シェフの本で読んだ。
沸騰した湯の中の落花生

この時点から30~40分茹でる。
ガスコンロ上のキッチンタイマー

  • 30分=しっかり茹でられるが、硬めの食感
  • 40分=ホロっとした感覚もある、ほどほどの硬さ

私は比較したら40分の方が好きだった。お好みを探ってみて欲しい。

仕上がったら冷凍保存が便利

ゆであがった生落花生

熱いうちにざるにあけたら、水で冷やすこともせずそのまま放置。粗熱を取れば完成だ。

茹であがりは最高。

生落花生の殻を割ったところ

茹でた生落花生を割った

乳白色の果実は、眺めるだけでそそられてしまう。

落花生のうす皮には、アルツハイマー型認知症を回避してくれるとされるポリフェノールが含まれている。生落花生も乾いた落花生も、薄皮ごと摂取するのがおすすめだ。

てのひらの上の落花生

なお、これよりも粒が大きな「おおまさり」という品種も、プックリ甘くておすすめだ。

冷めたら一度冷凍して、自分と夫の実家双方に冷凍便で送ろうと思う。

自分で食べても良し、親に教えるのも良し。皆様もぜひ1度お試しを!




殻を割った、茹でたて生落花生
最新情報をチェックしよう!
    >

    大人になった三姉妹長女が
    親御の事を考えるあれやこれ。

    error: Content is protected !!