Tabioの靴下をプレゼントしたら想像以上に喜ばれた件

去年、両親へクリスマスプレゼントに「Tabio(靴下屋)」の靴下をプレゼントした。すると思いのほか大きな喜びの反応が帰って来た。

母曰はく、父は「頭にかぶるようだな!」とまで言っていたのだとか。

タビオのメンズ靴下

底冷えする寒さの中、ウール入りの靴下は頼りにしたいアイテムだ。しかしスーパーや量販店、またドラッグストアで「3足で990円!」などと安売りしているものは、意外とそんなに暖かくない。よく見る遠赤外線タイツも然り。

だけどついその類の商品を買ってしまうもの。そりゃそうだ、安いんだもの。

対してタビオの靴下は少々値が張るものの、そのコスパはかなり高い。足を包み込む優しさと温もり、そして穴が開きにくい。これが冬用でウールが入った品になると着替えの時につい探してしまい、「あ、アレ洗濯して干したんだっけ」なんていつも頼ってしまうほどになる。

因みに夫の母にも少し早めに送った。暖かさが全然違うと喜んでいた。

 

タビオの靴下と値札

靴下屋の靴下のアップ

私たちの親世代は、靴下に贅沢なんてしてこなかった人が多いのではないかな(‘ω’) 改めて気づいた。「こんな良いの、履いたことない」って喜ばれたんだから。

靴下をプレゼントって、少しつまらないかなと勝手に考えていたが、とんでもない。季節に応じてぜひ送ってあげたいものなのだ(゚д゚)(。_。)ウン

 



 

お姑さんへプレゼントしたタビオの靴下
最新情報をチェックしよう!
    >

    大人になった三姉妹長女が
    親御の事を考えるあれやこれ。

    error: Content is protected !!